主張

私達はそうそう地区を「日本で一番親切なまちにしたい」と願っています。
その具体的な行動の第一歩は
1.通勤・通学をしながらみまもり活動を実施
2.市内の配達業務をしながらみまもり活動を実施
3.お買い物や散歩をしながらみまもり活動を実施
できる環境を整えることです。

しかし掛け声だけでは世の中はそうなっていきません。
これを可能にするために、私達は皆が持つスマホとIoTの技術を使い、普通の生活や活動をしながらみまもりができる体制を作っていきます。
これは日本で初の試みです。

日本の30年後と呼ばれる、この相双地区で、先進的な見守り体制を作り上げることができるかどうか。それはこの地域に住み、活動する皆さんと共に進めることで可能になると信じています。

そうそう地域共生社会推進チームのご紹介はコチラ